スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある日の…

 光あれ!
 世界の黎明においてそう言った神様の言葉は、
 後世、薄毛で悩む僕らのことを考えてくれなかったんだね。

 まだ30代に入ったばかりのKさんの頭髪は見事に薄い。
 でも彼はそれを陽気に自分のチャームポイントにして人に印象づけてしまいます。
 
 ポンポンポンと叩くだけで毛先に墨のようなものをつけて増毛したように見せる商品もあるとか。
 彼はそれを試してみたけれど、毛よりも地肌のほうが黒く染まってしまったと笑います。
 
 悩まなかったと言えば嘘になるよね。
 大学受験のころからみるみる抜け始めて僅か3年くらいで現状とあいなりました。
 でも、それ以後は維持しているのだから、残りの三本は長い友達ってことだよね。

 おでこの広さは心の広さを現すっていいますよね。
 Kさんはとても心が広い人なんですよね。
 天と地の境目がないほどに広い空のように。
 その人柄は私を圧迫することなく心地よくもあります。

 紅茶を煮出してミルクを注ぎ、沸騰しないようにスプーンでゆっくりかき回します。
 香りの高い、コクのあるミルクティーができあがります。
 これを教えてくれたのはTさんでした。 
 ゆったりとした時間によく似合う濃厚なミルクティーです。

 最近は物騒な事件が多いし、日本も嘗て無いくらいに領土問題でもめてるよね。
 本来、人間がその所有を主張するようなものではないはずなんだけどね。
 こうして連日のニュースを見ていると人間の歴史の半分以上は戦争の歴史だってことが身につまされるね。
 人類誕生から今日まで争いのなかった日っていうのはあるのかな。

 Kさんはとりとめのない話題をきさくに続けます。
 決して急かしたりはしない、その温厚さはこのミルクティーのように落ち着きます。
 お仕事でお忙しいのに私などにつきあってくれて申し訳ないと思います。

 ここ数日、暑かったり寒くなったりして体調を崩しやすいですよね。
 夏も猛暑日がつづいたし。
 どうですか?健康を害したりしていませんか?

 Kさんはいつも目をみて話します。
 ええ、おかげさまで夏はゆっくりと休みがとれましたので。
 ここ数日も適度な散歩をして過ごしています。
 空を眺めていると秋らしい刷毛雲が流れて、上空が澄んでいるのがわかります。

 そう、それは良かったです。
 心も身体もゆったりとできるのはいいことです。

 Kさんがもってきてくれた和栗のモンブランにフォークを一切れいれます。
 レースのカーテン越しに差し込んでくる光の戯れを指してKさんは、
 それをオーロラみたいだと言います。
 陽だまりの窓際は含みのある感情もオブラートで包んでくれます。

 Kさんはブラウンのビジネス・ショルダーのファスナーを開いて、
 にこやかにiPadを取り出します。

 穏やかな時間は喪失しやすいものです。
 ですからこの短い時が壊れないように、いつも願います。
 そうして私はそっとため息をカップの中に落とし、
 くるくるとティースプーンで掻き回します。

 それでこのつづきなんですけど。
 どうなっていますかね?

 すみません。
 全然、進んでいません。

 初秋の嵐が過ぎた後のある日。
 お仕事のまじめな打ち合わせのことでした。




 

 
 
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。