スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえば…

「たとえば…」
あなたは、そう言ったきり口を噤んでしまう。

(たとえば…?)
私は、頭のなかで復誦する。

既に夏を孕んだ陽射し。
汗が胸元をうっすらとしとらせ、
時折吹く風は、アスファルトの熱をも巻き上げてくる。
私は眉の上に手を翳し、空を見上げる。

(雲がまぶしい)

並んで歩いていても、寄り添ってはいない私とあなた。

似ているけれど、違っているふたりの言葉。
ひとつの言葉。

見つめ合うこともなく、
同じ行方を探るでもなく、
それぞれの羅針はどの方向を示すこともない。
くるくると廻っている。
くるくると。

「たとえば…」
あなたは、それきり黙り込んでしまう。

たとえば…
私は、心にもう一度、呼びもどしてみる。

たとえば…

そして、もう一度。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。