スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の流れとは早いものですね。
あなたがこの部屋を出て行ってからもうふた月が経とうとしています。

私の毎日は相変わらずで、いそいそと事務所通いをし、
帰りにスーパーによってその日に食べるものだけをちょっとだけ買います。

不思議なことにあなたがどういう風に笑っていたのかなんて思い出せなくなっているのに、
和菓子屋の前を通るたびにおだんごをぶら下げて帰った姿だとか、
小麦粉には銘柄があって作るものによって使い分けたほうがいいとか、
大きな金目鯛が手ごろな値段ででていたりすると、たぶんあなたはその前で足を止めてどうするか悩むんだろうな、と
そんなどうでもいいことばかり思っています。

電話もメールもしていないけれど、きっとあなたは大丈夫なのでしょう。
私の毎日が変哲も無く過ぎてゆくように。

私、ここを出てゆくことにしました。

ひとりで使うには広すぎて贅沢なので。

ねえ、いつかどこかで、ぽんと肩を叩いて「元気だった?」って言えるといいですね。

その頃までに時間が全てを流してくれているでしょうから。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。